館内のお知らせ・女将の便り

幼きかぐや姫

<昔ながらに茶色く濁った:薬湯 鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守木村屋でございます>

30年前に故・創作こけし工芸参与の渡辺正雄氏に主人が特別注文させて頂いた創作こけしです。

当館の山には沢山の竹やぶがある事で先代から語り継がれた「かぐや姫伝説」に因んで主人が氏にお願いして約1年の歳月をかけて創作して頂いた「幼いかぐや姫のこけし」です。

接ぎ木をせず、1本のけやきの木を削って彩色を施したこけしです。(直径20センチ、高さ33センチ)

シンプルなこけしが多い中、取分け芸術性に優れた傑作であり世界にたったひとつしかない一点ものの「幼きかぐや姫」のこけしです。

この幼子の着物には竹や菊、萩、勲章菊、蛇の目菊、トンボ、中秋の名月、そしてめでたい白梅等々、大変精巧に彫り彩色されています。

DSCN4652

10年ほど前に渡辺氏の御子息様と奥様に再度この幼子の蛍光灯で彩色が飛んでしまった所などを修復して頂いたのですが、そろそろ又お願いをしたい時期に入ってきました。

※故渡辺正雄氏は昭和38年全国こけしコンクール内閣総理大臣賞受賞

昭和46年全日本こけしコンクール内閣総理大臣賞受賞などその他多数を受賞されています。

又、渡辺正雄氏とは当館の先代と当代が長年白石ロータリークラブでご一緒させて頂き主人のロータリークラブ基金での米国短期留学の推薦人になって頂きました。

DSCN4671

見る角度によってお顔の表情が変わります。

現在はケースから出て補修の日を待っています。

是非、当館にお越しの際にはご覧くださいませ。

 

昔ながらに茶色く濁った:薬湯 鎌先温泉にごり湯の宿 湯守木村屋スタッフ一同&館主&女将木村多江

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル