【硫黄泉】温泉を楽しむための泉質の特徴とカラダへの効果|木村屋ブログ

硫黄泉の匂いがもたらす泉質の効果と正しい利用方法

 

「卵が腐った臭い」とも表現される独特の臭いをした温泉が「硫黄泉」で、

温泉水1キログラムの中に総硫黄が2ミリグラム以上含まれている温泉のことを指し、

硫化水素ガスが含まれている場合、窓が無く換気の悪い場所での入浴は、

中毒症状を起こす可能性がある注意が必要な泉質です。

 

しかし様々な病気などに対して高い効能が期待でき、

温泉の泉質としては療養泉に分類されています。

 

慢性的な皮膚病や慢性関節疾患、慢性関節リウマチなどに効果があるとされています。

また肌の角質を軟化溶解する効果がありますので、

角化症や湿疹の方などの皮膚の病気の緩和にも効果があります。

 

その他に硫黄泉は浴用や飲用を行うには体に変調作用を与える可能性がありますので、

高齢者や病弱なかたは注意が必要です。

 

温泉には必ず禁忌症、適応症が掲示されているので、

確認してから入浴するようにしてください。

 

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル