【宮城県美術館】宮城のランドマークスポットのご紹介⑦|木村屋ブログ

宮城県美術館|宮城県で有名なランドマークのご紹介

 

仙台市青葉区にある宮城県美術館は、

仙台市都心部の西、広瀬川右岸の文教地区にある宮城県立の美術館で、

言わずと知れた宮城県のランドマークです。

 

この美術館は1981年に開館し、

宮城県や東北地方に縁のある収蔵品が集められています。

本館の中心にはエントランスホールがあり、

その周囲に放射状に展示室や図書室、

講堂などが配置されています。

 

展示室は全部で4つあり、1階の展示室では常設展が行われています。

1期あたりの展示数は120から150点ほどで、

年に数回入れ替えが行われます。

 

2階の展示室では特別展が催されます。

創作室は開館中であれば誰でも無料のアトリエとして利用することができます。

個人では所持しにくいような器材や道具も揃えられており、

様々な創作活動ができます。

また、造形遊戯室には木製の遊具があり、子供が自由に遊べます。

 

ミュシャ展やゴッホ展など、有名な作家の特別展も数多く行われ、

その作品を間近で観れる貴重な場所になっています。

 

 

▼宮城県美術館公式サイト
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/

 

 

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル