仙台にきたらこれを食べて!牛タン編|木村屋ブログ

仙台といえばこれ!仙台名物牛タンのご紹介

 

数ある仙台名物の中でも最も人気があり、代表的なもの、それがは牛タン料理です。

地元の人にも、観光客にも愛される牛タンですが、

じつは、戦後間もないころにこの食文化が生まれました。

牛タン焼きの誕生は昭和20年代。

日本は戦争の焼け跡から失業者であふれ、慢性的な食糧難に加えて、

酔っぱらいや喧嘩が多く、火事などが多発した物騒な時代で、

町のあちこちで戦争未亡人が飲食店を開いていました。

もちろんもれなく仙台も同様の状況でした。

このような中で東一番丁(現・一番町)の焼き鳥屋のある主人がその料理人人生から得た知識・技術を用い、

当時の日本人の味覚に合う牛の舌部を用いた「牛タン焼き」および同尾部を用いた「テールスープ」を開発。

さらに当時の日本人の食生活に合わせて定食屋(主に昼に客が多い)の一汁三菜型をならい、

それらを含んだ「牛タン定食」を完成させました。

 

いまでは庶民に親しまれる料理となりました。

 

現在では仙台を代表する名物になり、仙台に訪れた際は、

まず最初に牛タンを食べるのが観光客の間で恒例となっています。

 

仙台駅の中にも専門店があり、行列ができるほどの人気があります。

タンは他の牛肉の部位と比べても、高タンパクで低脂肪であるため、

健康や美容にとってもうれしい食材です。

 

焼肉にしたときは、程よい歯ごたえを楽しめ、シチューにすればとろとろのやわらかさを楽しめます。

仙台は和牛の名産地ですから、さまざまな牛肉料理が楽しめますが、

庶民的で値段も手ごろな牛タンは根強い人気があります。

宮城・仙台で思う存分、地元の料理を楽しんでください。

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

ご興味たただけましたら木村屋FBページにぜひ「いいね!」お願いします。
情報を素早くキャッチできます☆そしてFB更新の励みとなります!

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル