ご高齢の方必見!身体に負担のかからない安全な温泉の入り方|木村屋ブログ

高齢者が入浴に気を付けておきたい温泉の入り方

 

温泉は世代を問わず、誰でも楽しめる身近な娯楽のひとつです。

温泉旅館はもちろん、スーパー銭湯でも温泉の癒しを受けることができます。

皆様には沢山、温泉に入って、温泉の魅力をもっと知って頂きたいものですね。

 

ですが、高齢者の方は気を付けて温泉に入らないと、

思わぬ体調不良を起こしてしまうことがあります。

普段の自宅での入浴とは異なる工夫と配慮が大事になってきます。

今回は高齢者の方の安全な温泉の入り方を紹介したいと思います。

 

まず、いきなり露天風呂には行かないでください。

露天風呂は景色を楽しみながら入れる温泉としてとても人気ですが、

寒くなる時期など屋外に裸で出ることは身体に大きな負担をかけてしまいます。

露天風呂の利用は、必ず内湯で身体を温めてから行ってください。

 

次に、かけ湯の仕方です。

温泉での入浴は通常の入浴とは異なり、慣れない場ですので

湯の温度、水圧、他人のいる環境など思わぬところで負担がかかることがあります。

かけ湯の場合は足元が徐々にかけ湯をしていく、

つまり心臓から遠い部分からかけ湯をしていくようにするとよいでしょう。

そして、浴槽にもいきなりつかるのではなく、少しずつ温度を確かめながら入るようにしましょう。

長湯も良くありませんね。何事もほどほどが大事です。

 

高齢者の方は特に注意が必要ですが、

皆様も安全には十分気を付けながら温泉を楽しんでくださいね!

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル