温泉旅館での正しい振る舞いとは?|木村屋ブログ

温泉旅館で覚えておきたい振る舞いやマナーとは

 

朝晩がだんだんと涼しくなり、季節も秋に変わってくると紅葉狩りを兼ねて

温泉旅館に繰り出す計画を立てている人も多いと思います。

東北も紅葉が綺麗なスポットがたくさんありますよ。

 

日本人に合った和室、山海の料理に舌鼓を打てば日常のストレスも吹き飛びそうですね。

せっかくの旅行ですから、日本人らしい礼節をもった

温泉旅館での振る舞いを身につけておきたいものです。

 

といっても難しいことではありません。

 

①温泉旅館では掛け軸や調度品を触らない

②たたみのへり(はじ)を踏まない

 

位を抑えておけば事足ります。

細かな点ですが、そういったマナーができていると、

旅館の方も気配りのできる方だと感心するものです。

後は日常生活の常識的なことを抑えていれば大丈夫でしょう。

 

温泉に入る時もマナーも同様です。

①必ず湯舟には身体を洗ってから入る

②シャワーを使う時は周囲に飛び散らないように配慮する

③タオルを湯船につけない

 

以上を抑えていれば温泉で咎められることはないでしょう。

 

せっかくの温泉旅館を十分に満喫できるよう、最低限の振る舞いとマナーをもって出かけましょう。

温泉旅館のマナーを知ると旅がもっと楽しくなりますよ。

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

ご興味たただけましたら木村屋FBページにぜひ「いいね!」お願いします。
情報を素早くキャッチできます☆そしてFB更新の励みとなります!

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル