|木村屋ブログ

今話題の宮城蔵王キツネ村で癒し体験はいかがでしょうか?

皆様は、今話題沸騰中の宮城蔵王キツネ村(みやぎざおうきつねむら)をご存知でしょうか?

宮城蔵王キツネ村は宮城県白石市北西部にある、キツネの展示を中心とした動物園・テーマパークです。

キツネのニコニコ顔に癒されるための施設といってもいいでしょう!

 

パーク内には約250頭のキツネが飼育されており、

おなじみのキタキツネや、めずらしい種類の銀ギツネ、青ギツネ、プラチナギツネ、

シャドーギツネ、十字ギツネの合計6種類のキツネたちが出迎えてくれます。

 

↓キタキツネ

キタキツネ

↓ギンギツネ

ギンギツネ

↓プラチナキツネ

プラチナキツネ

↓ホンドギツネ

ホンドギツネ

↓十字キツネ

十字キツネ

↓ホッキョクギツネ

ホッキョクギツネ

 

【鎌先温泉】からも車で約12分でとてもアクセスしやすいテーマパークとなっています。

 

宮城蔵王キツネ村の特徴はモフモフできること

 

実際にキツネに触れてモフモフすることができるのがこのパークの特徴です。

キツネの他にもポニーや山羊、うさぎなども飼育されており、家族で楽しむこちができます。

 

なお、ホームページにも書いているのですが、キツネは動く物に興味津々です。

黒のタイツまたはひらひらのスカートジョーカーパンツ、コートの後ろにヒモ等揺れるものを

つけていとキツネが興味深々寄っていきます。そして嚙まれます。

 

噛まれるのもいい思い出ですが、入場の際は係員の説明をよく聞いてルールをお守りください。

春は子ぎつねが生まれる次期なので、子ぎつねたちを抱っこすることができ、

冬は一年で一番毛の量が多いので最高のモフモフ感を味わうことができます。

キツネ村へはすこし山奥にあるのでアクセスがやや大変ですが、

癒し効果抜群のキツネ達には会ってみる価値ありです。

 

 

料金は大人(中学生以上)1,000円、小学生以下が無料です。

 

宮城蔵王キツネ村へのアクセス方法

 

鉄道利用の場合はJR白石駅が最寄り駅になり、さらにそこから車で30分程度かかります。

新幹線の場合はJR白石蔵王駅から同じく車で30分程度の距離にあります。

 

そのため、宮城蔵王キツネ村へは、

自家用車もしくは川原子ダムまでのバス「きゃするくん」のご利用がオススメです。

「きゃするくん」とは白石駅(在来線)から川原子ダムまで祝日以外の

毎週(火)(金)曜日に運行しているバスのことで、

①7時58分 白石駅発 → 8時55分 川原子ダム到着

②13時35分 白石駅発 → 14時32分 川原子ダム到着

の一日2本が出ています。

 

バスの運転手さんに「キツネ村の前で止めてください。」と言えば停めてくれます。

乗車賃は200円です。是非ご利用ください。

※ただし、年末は12月29から1月3日まで運休です。

 

 

当旅館湯守・木村屋のある鎌先温泉郷は宮城蔵王キツネ村から一番近い温泉郷です。

鎌先の湯が発見されたのは、はるか600年以上も昔。水を求めた農夫が、

持っていた鎌の先で地面を掘ったところ湯が湧き出たことから「鎌先温泉」と名付けられました。

東北でも歴史の古い温泉です。「キズに鎌先」と言われ、奥羽の薬湯として知られてきました。

 

決して派手な温泉郷ではございませんが、

自然と癒しの雰囲気をそのままに普段と違った時間を味わっていただけるため

宮城蔵王キツネ村を訪れた多くの方が鎌先温泉にお泊りいただいております。

是非、温泉に浸かりながら、お部屋でゴロゴロしながら

キツネとの思い出を温泉で語り合ってください。

旅館内でも宮城蔵王キツネ村までのアクセスをご案内しております。

お気軽にお声がけください。

 

▽宮城蔵王キツネ村のホームページ
http://zao-fox-village.com/

▽湯守・木村屋 ご予約はこちら
http://www.jhpds.net/kimuraya/uw/uwp3100/uww3101.do?screenId=UWW3401&yadNo=335291

 

※楽天トラベル、じゃらんネットでもご予約受け付けております。

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル