|木村屋ブログ

仙台をもっと知ろう:仙台の通り名シリーズ「ハピナ名掛丁商店街」

 

ペデストリアンデッキとも直結するハピナ名掛丁。

 

仙台では知らない人がいないほど有名な、

 

アエル、仙台パルコから続く仙台駅からほど近い商店街通りです。

 

「ハピナ名掛丁」は英語のHAPPY(幸福)と日本語の形容詞(~な)の造語で、

 

幸せで明るい商店街でありたいということをイメージして名付けられました。

 

「Heartful Amenity Place Interfaced Natural Arcade」

 

お店と人の暮らしを調和させ、心が通いあう快適な場所を願って

 

このネーミングがつけられたそうです。

 

名掛丁の名前の由来は、遠く江戸時代にまで遡ります。

 

伊達藩には、藩主が勇敢な侍を名指しで選抜する「御名懸組」という一団が存在しており、

 

岩出山から仙台へ移った政宗公は、

 

この御名懸組の組士達の屋敷を現在のクリスロードの西から東は東七番丁・車町までの場所に置きました。

 

町の名前は侍の住む屋敷で構成される「丁」と、

 

職人や商人などで構成される「町」に区別されていたため、

 

御名懸組の組士屋敷が置かれた侍町は「名懸丁」と呼ばれ、

 

以降、現在まで約400年もの間、その名を受け継いでいるのが名掛丁です。

 

歴史や文化を知るとより商店街めぐりが楽しくなりますね。

 

仙台の街並みはコンクリートになっても、

 

昔の面影がちゃんと残っている場所が多くあり、

 

散策するだけでも楽しい通りになっています。

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル