大崎市│2015年12月のイベント情報 蕪栗沼 2万羽の雁を観る会|木村屋ブログ

蕪栗沼 2万羽の雁を観る会|登米市温泉付きイベント

 

宮城県大崎市の蕪栗沼は、ガン・カモ類の国内最大級の越冬地で、

 

2005年にはラムサール条約に登録されている貴重な湿地帯です。

 

大崎市では、毎年約2万羽の

 

「飛び立ち」や「ねぐら入り」を鑑賞するイベントとして、

 

「蕪栗沼 2万羽の雁を観る会」を開催しています。

 

2度開催され、第1回目は12月19日・20日、

 

第2回目は2016年1月30日・31日に行われます。

 

1泊2日のイベントで、

 

夜は、地元の地場産品をふんだんに用いた料理と温泉を楽しめます。

 

「蕪栗沼 2万羽の雁を観る会」に参加するためには、

 

3日前までに予約する必要があります。

 

また、小中学生も含めて、規定の参加料金(宿泊料金も含む)が必要です。

 

双眼鏡は無料でレンタルできますので、

 

この機会に是非参加してみてはいかがでしょうか。

 

野鳥にとっても大切な安息の場所ですから、

 

この自然に感謝し、大切に綺麗に保存していきたいですね。

 

 

▼お問合せ先
事務局:みやぎ大崎観光公社
電 話:0229-25-9620

 

登米・大崎地区は読んで字のごとく「米どころ」としても有名です。

蕪栗沼を中心にお米農家や米生産組合がお米づくりに取り組んでいます。

ご飯のおいしい宮城県に遊びにくてください!

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル