【消化器系疾患】温泉を楽しむための泉質の特徴とカラダへの効果|木村屋ブログ

飲用でも効能を発揮する消化器系疾患におすすめの泉質

 

消化器系疾患に効果があるといわれている温泉の泉質は、

 

単純温泉や二酸化炭素泉、塩化物泉などです。

 

単純温泉は日本で一番数の多い泉質で、

 

無色透明、刺激もなく誰もが入りやすい温泉です。

 

効能は、消化器系で言うと

 

慢性の胃腸病や便秘などに効果があります。

 

二酸化炭素泉は炭酸泉とも呼ばれ、

 

お湯の中に二酸化炭素がたくさん含まれている温泉です。

 

おもに高血圧への効能が高いことで知られていますが、

 

消化器系では特に飲用することで胃腸障害を緩和したり

 

便秘を改善する効果があります。

 

塩化物泉はナトリウムを主成分とするものが多く、

 

人によっては飲用での治療にもちいられます。

 

胃液の分泌を促し、胃酸欠乏症や慢性消化器病、

 

慢性便秘、慢性胃カタルなどの改善に効果があります。

 

全ての温泉が飲めるわけではありません。

 

注意事項を確認し、許可されたものだけ飲用してください!

 

 

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル