【地底の森ミュージアム】宮城のランドマークスポットのご紹介⑩|木村屋ブログ

地底の森ミュージアム|宮城県を楽しめるランドマーク

 

宮城県のランドマークのひとつである地底の森ミュージアムは、

仙台市太白区長町にあります。

 

正式名称は仙台市富沢遺跡保存館といいます。

 

もともとは小学校の建設予定地を発掘調査していたときに

2万年前の森林の跡および旧石器人のキャンプ跡が見つかり、

これを保存する形で地底の森ミュージアムが作られました。

 

博物館ではなく遺跡保存館という名前がついているとおり、

発掘された遺跡の上に屋根をかけたような形になっているため、

発掘されたそのままの状態で見ることができます。

 

建物の近くには、

古代米を作る体験をするための田んぼが用意されていて、

田植えから土器作り、

稲刈りから古代米での餅つきまで体験することができるようになっています。

 

大人もワクワクして楽しめるミュージアムです。

古代ロマンを味わいに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

▼地底の森ミュージアムのご案内
所在地:宮城県仙台市太白区長町南四丁目3-1
アクセス:地下鉄長町南駅西1番・西2番出口より西方へ徒歩約5分
東北自動車道 仙台南I.Cより東方へ約7km

 

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

ご興味たただけましたら木村屋FBページにぜひ「いいね!」お願いします。
情報を素早くキャッチできます☆そしてFB更新の励みとなります!

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル