意外と知らない?温泉認定の条件とは?|木村屋ブログ

意外と知らない温泉と名のれる条件について

 

日本人は世界に類を見ないお風呂好きな民族と言われます。

 

日本各地に温泉がありますが、温泉の条件というのは実はあまり知られていません。

 

その条件というのはまずは温泉源から採取されたときの温度が25度以上であること、

一定以上の溶存物質を有していることのどちらかに該当することです。

 

つまり採取時の温度が25度未満だとしても、定められた18種類の物質のどれかを

一定以上含んでいれば条件を満たすことになります。

 

成分分析書にはそのお湯に含まれる成分や適応症、源泉の温度、忌避症や

飲用上の注意などが表記され、温泉法第13条で表示が義務付けられています。

 

成分分析書を掲示することによって、正当な温泉であるという証明になります。

 

木村屋の泉質は、「ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉」で鉄イオンを若干含むため、

湯の色はわずかに茶褐色になります。

 

これが、古くから「傷は鎌先」と呼ばれる「薬湯」の温泉で、

新湯と呼ばれるこの宿の源泉は、2つの顔を持つ効能豊かな温泉です。

 

▽より詳しくは泉質のページをご覧ください。

http://www.kimurayaryokan.co.jp/hotspa/

 

 

 

宮城白石鎌先温泉 にごり湯の宿 湯守 木村屋
おすすめプランはこちら: http://www.kimurayaryokan.co.jp/plan/
ご予約はこちら(ページ右側): http://www.kimurayaryokan.co.jp/

〒989-0231
宮城県白石市福岡蔵本字鎌先1-51
TEL 0224-26-2161/FAX 0224-25-1896

 

空室・プラン検索

ご宿泊予定日
年 月 
ご宿泊人数・部屋数
大人 部屋

宿泊予約・お問い合せはTEL:0224-26-2161

予約照会・キャンセル